お悔やみの花

丁寧な水切り

当店では開店以来丁寧な水切りを行っております。
生産者から市場に出荷され各花屋に届くまで水に浸かっていないので、一刻も早い水切りが必要となります。
水切りも花によって方法が異なります。
先ずは花に水が行き渡るように、下葉の処理をします。
葉っぱもある程度は残しておきますが、水に浸かる部分の葉は削ぎ落とします。
たっぷりのバケツに水を張り、その中に茎を入れて水中で根元を斜めに3センチ程切りすぐに綺麗な水が入ったバケツに移します。
その時に使用するハサミの切れ味が悪いと茎の細胞を壊し花持ちが悪くなるので、切れ味の良いハサミで切ってあげるのもポイントです。
水中で茎を切るのは茎の中に空気が入るのを防ぐためと水圧で水あげの効果を高めるため、又根元を斜めに切る事で水の吸い口が広くなるため、水揚げがよくなります。
かすみ草、マーガレット、ブルースターなどは切り口を殺菌し水揚げをよくするために新聞紙に包み根元5センチほどを沸騰したお湯に浸けた後、たっぷりの水に浸けます。
枝物など根元が太いものは吸水面の面積をできるだけ多くする必要があるため、根元をハンマーで叩き割ったり、ハサミで切込を入れます。
繊維がほぐれた状態しほぐれた部分が完全に浸かる量の水に浸けます。
花屋により花の持ちが変わってくるのは、この最初の水切りをどれだけ素早く、丁寧に行うかにかかっているのでとても大切な作業です。